賃貸経営を始める為に必要なものや準備

アパートやマンション等の賃貸経営は、借りる人さえいれば定期的な家賃収入を得ることができます。他の投資等に比べて比較的知識が少なくても可能なため、資産運用の方法として検討している人も多いでしょう。また、賃貸管理が難しければ、不動産会社に委託するといった方法をとることも可能です。賃貸収入が見込める物件であるかどうかは、立地や部屋の設備等、需要があり経営として成立するか良く考える必要があります。傾向としては、ワンルームだと入居者や賃料設定に融通がききやすいですが、供給の多い地域では競争に負ける可能性もあります。家族向けのタイプだと、近くの分譲マンションと差別化をはかるといった工夫が必要となります。建物の建設から始める場合は、借入金の返済と期待できる収支とのバランスを最初に良く考慮しなければいけません。

賃貸経営をするための手続きと注意点

賃貸経営にあたって、特別にどこかから許可を受ける必要はありません。入居者との手続きについては、借地借家法を守って契約等を行う必要があることは覚えておきましょう。また、賃貸経営に使用するアパート等は、建築基準法や消防法といった各種法律のルールに沿っていなければいけません。入居率を少しでも上げるために考えていたほうが良い点としては、立地場所の利便性の高さや安全性等が挙げられます。人の呼び込みが難しそうな場所では、賃料を安くしたりペットを許可したりする必要があります。また長期間の安定した収入を目指すのであれば、外観の良さや収納をはじめとした設備も初期の段階でどうするか決めておきましょう。経営が始まると、入居者管理と建物のメンテナンスが主な業務となります。

入居者募集までの具体的な流れとは

立地条件や資金計画に関して検討が終わったら、実際に契約を行っていきます。全くなにもない状態を想定すると、まず建物を建てるために融資を受ける必要があります。融資の申込は、アパート等の事業計画書を銀行等の金融機関へ提出し、審査を通過すれば借入金を確保できます。その後、不動産売買契約を行い、建築会社を選び建築確認申請許可が下りたら、建物の工事が開始されます。建物に問題がないか行政のチェックを受け、建物や土地の登記をします。賃貸経営をするための、建物の準備が整ったら、次は開業届けを税務署へ提出します。事業を開始する1ヶ月以内の提出が義務づけられているため、忘れないようにしましょう。節税したい場合は、合わせて青色申告をするための申請書や減価償却に関する届出をする必要があります。行政関連の手続きが終わったら、不動産や広告等を利用して入居者を募集することになります。