賃貸経営はどのように行われるかを解説します

資産運用などの手段として賃貸経営を検討している人にとってまず大事なことは、情報を集めることです。新築物件を購入するのか、それとも中古物件を譲ってもらって賃貸経営をしていくのかでやるべきことが変わります。それ以前に賃貸経営に欠かせない基礎知識というものを習得しておくことも大切です。こうした情報収集を通じて、なぜ賃貸経営に手を出すのか、目標とすべきところをどこに設定するかなどを整理し、売買に向けた準備をしていくことが求められます。実際に賃料収入を得るまでには乗り越えるべきハードルがいくつもあり、賃料収入をもらってからもやらなければならないことがたくさんあることから、情報収集の段階でこれらのことをすべて把握するぐらいの意気込みが必要となっていきます。

自分の代わりに色々やってくれる管理会社

賃貸経営で重要になるのは物件選びだけではありません。管理会社のチョイスも重要です。管理会社の役目としては、入居者とのトラブル対応や家賃の管理、マンションやアパートの保全などです。こうしたことはオーナー自らがすることもできますが、大変な労力が必要であるのに加え、サラリーマンなどを昼間にしている人の場合、忙しくてなかなか手が回らないのが現状です。管理会社はどこも同じということはなく、管理会社を変えた瞬間、退去する人が増えたり、トラブルが出始めたりするなど、慎重に選ぶことが求められます。家賃保証をしてくれる、トラブルがあっても迅速に対応してくれる、振込みがスピーディーであるなどオーナーが重視するポイントに合致した管理会社を選ぶことが大切といえます。

自己資金比率を高めることが堅実

賃貸経営は自己資金が0円でも簡単に始めることができ、ローンを組むことで部屋などを購入し、そこから家賃収入を得ることができます。しかし、常に満室であるという保証はどこにもなく、順調に満室であればローンを返すことができるものの、何らかのトラブルがあった場合にローンの返済すら窮する事態になることがあります。自己資金比率を高めておくことで、万が一途中で部屋を手放すことになってもローンだけが残るということがなく、借金を抱えずに済むことが可能になります。用意できる頭金が多ければ多いほど、すぐに譲ってくれる不動産会社も多く、めぼしい物件を手に入れたいという時には最初にある程度の資金を用意しておき、賃貸経営に臨むことが求められ、ニーズなどを十分考えた上で探していくことが大切です。